メニュー

【小児歯科】子どものフッ素塗布は何歳から?驚きの効果を紹介

[2023.12.20]

こんにちは。
入間市の歯医者【豊岡歯科診療所】です。
 
大切なお子さまには、むし歯になってほしくないものですよね。
むし歯予防といえば、「フッ素塗布」が有名ではないでしょうか?
 
フッ素塗布は、小さなお子さまから大人まで、すべての世代の方に有効なむし歯の予防法です。
今回は、お子さまのむし歯予防について、フッ素塗布の開始タイミングとその効果を解説します。
 
 


子どものフッ素塗布は何歳から?

フッ素塗布は、一般的に乳歯が生えはじめた時期から受けることがおすすめです。
子どもは6ヶ月ごろから乳歯が生えはじめるので、そのタイミングで一度歯科医院を受診するとよいでしょう。
 
フッ素は、歯と結合することで、むし歯菌がつくる酸に負けない強い歯をつくります。
これにより、食事でお口の中が酸性に傾いたとしても、歯が溶けにくくなるのです。
 
小さいころからフッ素塗布をはじめることで、新しく生えてきた歯をむし歯から守ることができます。
 
 


フッ素塗布のむし歯予防効果

フッ素塗布は、むし歯予防に効果的ですが、1回受けるだけではあまり効果がありません。
1年に2回以上、定期的に継続して受けることが大切です。
 
フッ素塗布を定期的に継続した場合、乳幼児ではむし歯をほぼ半減させたという報告があります。
 


(出典:厚生労働省 e-ヘルスネット-フッ化物歯面塗布 より) >

 
フッ素は、歯のエナメル質を強くすることで、むし歯のリスクを下げる効果があります。
特に、子どもの歯は大人の歯にくらべてエナメル質がうすいため、フッ素での予防が重要なのです。
 
 


フッ素塗布でお子さまをむし歯から守りましょう

お口の健康は、お子さまの健やかな成長にとってとても大切です。
むし歯予防に効果的なフッ素塗布をうまく活用し、お子さまの歯を健康に保ちましょう。
 
入間市の歯医者【豊岡歯科診療所】では、子どもたちのむし歯予防に力を入れています。
お子さまが待ち時間をリラックスして過ごせるよう、広いキッズスペースをご用意しています。
また、バリアフリー設計でベビーカーのまま院内に入ることが可能です。
 
池袋線「入間市駅」より徒歩4分で、平日は19時、土曜も18時まで診療しております。
保育園帰りなどに、ぜひお子さまと一緒にご来院ください。
 


お子さんの歯の治療について >

HOME

ブログカレンダー

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME