メニュー

重症化した歯周病には外科処置が必要

[2020.06.05]

皆さんこんにちは。

入間市の歯医者さん「豊岡歯科診療所」です。

当院では、歯周病にかかっている患者さまに対して、まず「歯周基本治療」というものを行っております。

歯の表面に形成された歯石を除去したり、プラークコントロールが行えるようブラッシング指導を実施したりするのが歯周基本治療です。

とてもシンプルな治療ですが、軽度から中等度の歯周病であれば、これだけで症状の改善が見込めます。

一方、重度の歯周病となると話は変わります。

重度の歯周病の症状

歯周病が進行して重症化すると、歯茎が下がるだけではなく、歯を支えている歯槽骨まで溶けていきます

すると、支えを失いつつある歯はグラグラと揺れ動くようになるのです。

ここまで進行した歯周病では、歯石を除去するだけでは改善が見込めません。

そこで必要となるのが歯周外科治療です。

歯周外科治療とは

歯周外科治療とは、歯茎や歯槽骨を外科処置によって整えたり、失われた組織を再生させたりする処置法です。

施術には、メスによる歯茎の切開や骨移植などの処置も伴います。

重度の歯周病では、そういった大掛かりな処置をして初めて、症状が改善するようになるのです。

重症化する前に「治療」「予防」することが重要

重症化した歯周病には、上述したような外科処置が適応されますが、それでも完治するとは限りません。

それならもっと早い段階で治療を受けた方が賢明といえますよね。

さらにいえば、歯周病にならないよう予防することがベストであるといえます。

歯を失う原因の第一位である歯周病は、歯周組織の破壊だけではなく、歯の喪失まで引き起こす病気であるということを知っておきましょう。

まとめ

このように、重度の歯周病には侵襲性の高い外科処置が必須となってしまうため、できれば重症化は避けたいものです。

当院では、そうした歯周病の重症化を回避するために、さまざまな歯周病治療や予防処置をご提案しております。

今現在、歯周病に悩まされている方はもちろん、将来、歯周病に苦しめられたくないという方は、いつでも当院までお越しください。

スタッフ一同、全力でサポートいたします。

HOME

スマートフォンに対応しています。