メニュー

歯を白くしたい!どんな方法がありますか?

[2022.11.21]

皆さんこんにちは。
入間市の歯医者さん「豊岡歯科診療所」です。
 
白く美しい歯は、お顔全体の表情を明るく清潔感のある印象にしてくれます。
ただ年齢や生活習慣によって、歯は誰でも少しずつ黄ばんでしまうもの
また、銀歯が笑う時に見えてしまって恥ずかしいという方も多いでしょう。
 
そこで今回は、歯が白くなくなった原因に合わせて、歯科医院で行う歯を白くする治療法を3つ解説いたします!
 
 


歯そのものを白くする「ホワイトニング」

色の濃い食べ物やタバコ、加齢、遺伝などによる歯の黄ばみに有効な治療法が「ホワイトニング」です。
ホワイトニングは専用の薬剤を歯に塗布して浸透させ、歯の色素を分解することで歯そのものを白くすることができます。
歯科医院にて行う「オフィスホワイトニング」、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」、両方を併用する「デュアルホワイトニング」の3種類があります。
 
 


がんこな着色汚れを落とす「PMTC」

PMTCとはprofessional mechanical tooth cleaningの略で、プロによる専門的な機械や技術を使ったお口のクリーニングです。
おもに茶渋やタバコのヤニなどの歯の表面に付いた着色汚れ、歯垢や歯石による黄ばみに効果的です。
それらの汚れをすみずみまで除去して、歯本来の白さを取り戻すことができます。
 
歯を徹底的にクリーニングするPMTCには、むし歯・歯周病予防に大きな効果があるため、歯の健康維持のためにもおすすめできる治療法です。
 
 


銀歯を白くしたり変色を改善する「セラミック」「ラミネートベニヤ」

「銀歯を白い歯にしたい」「むし歯を目立たずに治したい」という方におすすめなのが「セラミック」治療です。
セラミックとは陶器のことで、天然の歯のような白さや光沢、透明感を再現することができ、治療跡がほとんど目立ちません。
また、むし歯を再発しにくい、金属アレルギーの心配がないなど機能性にも優れているため、銀歯をセラミックに入れ替える方が増えています。
 
「ラミネートべニア」は歯の表面に薄いセラミックを貼り付けて、歯の見た目を整えるセラミック治療の1つです。
薬剤による変色や神経のない歯の黒ずみなど、ホワイトニングでは改善が難しい歯におすすめです。
ラミネートべニアであれば、短期間で手軽に白く美しい歯にすることができます。
 
 


まとめ

歯を白くするには、原因やお口の状態に合わせた治療法を選ぶことが大切です。
 

当院では、「歯を白くしたい」というご要望にお応えするため、さまざまな治療に対応しております。
歯の色でコンプレックスを感じている方、思いきり笑顔になれない方は、ぜひ入間市駅から徒歩4分の歯医者「豊岡歯科診療所」へご相談ください。
親身になってお悩みを解決いたします。

HOME

ブログカレンダー

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME